映画『ジャンヌ・ダーク』あらすじと感想/ジャンヌ・ダルクを知りたいならこの映画

この記事が良かったらシェアして下さい!

ナマケネコ
とてもオーソドックスなジャンヌ・ダルクだよ

皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。

今回は映画『ジャンヌ・ダーク』(1948年)をご紹介します。

『カサブランカ』(1942年)、『誰が為に鐘は鳴る』(1943年)、『ガス燈』(1944年)などに出演しているイングリッド・バーグマンが、フランスの伝説的なヒロインであるジャンヌ・ダルクを演じています。

この記事を読んで興味が湧いたら是非ご覧になって下さい。

ネタバレはしていませんから安心して最後まで読んで下さいね。

ジャンヌ・ダーク

  • ジャンル:歴史 / 伝記
  • 受賞:第21回アカデミー賞撮影賞・衣装デザイン賞
  • 原作:マクスウェル・アンダーソンによる戯曲『ロレーヌのジャンヌ』(1946年)
  • 監督:ヴィクター・フレミング
  • 脚本:マクスウェル・アンダーソン / アンドリュー・ソルト
  • 出演:イングリッド・バーグマン / ホセ・フェラー / フランシス・L・サリヴァン
  • 上映時間:145分
  • 公開年:1948年

あらすじ

15世紀の英仏百年戦争下のフランス。小さな農村出身のジャンヌは劣勢の祖国を憂いていた。数年間神の啓示を受け続けていた信仰深いジャンヌは、国を救い王太子シャルルを戴冠させるためにシノンへ旅立つ。王太子シャルルはジャンヌを信じ、オルレアンを奪還させるべく戦場へ送り出した。果たしてジャンヌはオルレアンを奪還し救国の英雄となれるのか。

原作は戯曲『ロレーヌのジャンヌ』

原作はマクスウェル・アンダーソンによる戯曲『ロレーヌのジャンヌ』です。

1946年にニューヨークにあるアルビン劇場(現在はニール・サイモン劇場)で映画と同じイングリッド・バーグマン主演で上演されました。

感想

「ジャンヌ・ダルク」を知るにはとてもいい映画なのではないでしょうか。

エリザベス・テイラー主演の映画『クレオパトラ』(1963年)と同じ雰囲気で、まるで舞台を見ているような錯覚に陥りました。

最近の映画である(といっても1999年の映画ですが)ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『ジャンヌ・ダルク』とはやはり戦争シーンの迫力などでは負けますが、その分ジャンヌ・ダルクの生涯についてじっくり理解出来る様な映画になっていると思います。

人によっては後半が長くて退屈という方もいらっしゃるようですけど、ジャンヌ・ダルクの生涯を学ぶような気持ちで視聴すれば特に気にならないと思います。

余計な味付けもないので「ジャンヌ・ダルク」の教科書的な映画と言ってもいいのではないでしょうか。

まとめ

ジャンヌ・ダルクが神の啓示を受けてから亡くなるまでをイングリッド・バーグマンが熱演しています。

70年以上前の作品ですから、戦争シーンなどのアクション部分は流石に今の映画と比べると見劣りしますが、ストーリー展開は「ジャンヌ・ダルク」という歴史的な題材に真摯に向き合っているので、とてもオーソドックスで分かりやすくなっています。

時代を経ても色褪せない普遍的な作品として出来上がっていると思います。

オカ メイコ
ジャンヌ・ダルクについて知りたいならこの映画だけで十分ヨ

動画配信サービス(VOD)で見るならこちら

本作品の配信情報は2020年3月25日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各動画配信サービス(VOD)のホームページもしくはアプリをご確認ください。

DVDで見るならこちら

この記事が良かったらシェアして下さい!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。