ブログのテーマをcocoonに変えたので現在各記事を手直し中です。
レイアウトやデザインが崩れて見づらい部分があるかと思いますがご了承願います。

映画『レベッカ』あらすじと感想/ヒッチコックのアカデミー作品賞受賞映画

スポンサーリンク
『レベッカ』アイキャッチ スリラー
スポンサーリンク
ナマケネコ
ナマケネコ

サスペンス・スリラーが好きなら見るべき一本だよ

皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。

今回は映画『レベッカ』(1940年)をご紹介します。

亡くなったはずの前妻の影が屋敷内に漂い続けるサスペンス・スリラーです。

影に怯える「わたし」を演じるジョーン・フォンテインと、
レベッカを崇拝している使用人を演じるジュディス・アンダーソンの対比にも注目です。

この記事を読んで興味が湧いたら是非ご覧になって下さい。

ネタバレはしていませんから安心して最後まで読んで下さいね。

スポンサーリンク

レベッカ

作品情報
  • 原題:Rebecca
  • ジャンル:サスペンス / スリラー / ミステリー
  • 受賞:第13回アカデミー賞:作品賞・撮影賞
  • 原作:ダフニ・デュ・モーリエ『レベッカ』(1938年)
  • 監督:アルフレッド・ヒッチコック
  • 脚本:ロバート・E・シャーウッド / ジョーン・ハリソン
  • 出演:ジョーン・フォンテイン / ローレンス・オリヴィエ / ジュディス・アンダーソン / ジョージ・サンダース
  • 上映時間:130分
  • 公開年:1940年

あらすじ

Theatrical Trailer: Rebecca (1940)

モンテカルロで知り合った富豪のマキシムと結婚した娘は、彼の所有するイギリスのマンダレイにある屋敷で一緒に暮らすことになった。屋敷では家政婦のダンヴァース夫人が一切を取り仕切っており新妻も家族の一員として家事を手伝おうとするが、前妻のレベッカを崇拝しているダンヴァースからは冷たく当たられることに。死後なお屋敷内に存在感を増していくレベッカの影に新妻は心を蝕まれていく。

スポンサーリンク

原作はダフニ・デュ・モーリエの同名小説

ダフニ・デュ・モーリエの同名小説『レベッカ』が原作です。

興味がある方は是非ご覧になって下さい。

スポンサーリンク

Netflixでリメイク

Netflixでリメイクされるようですね。

アーミー・ハマーとリリー・ジェームズ主演で2020年10月21日に全世界独占配信されるみたいです。

気になる方はこちらをチェックしてみて下さい。

アーミー・ハマー&リリー・ジェームズ共演、ヒッチコック『レベッカ』のリメイク版、Netflixで10月配信決定 ─ 場面写真も米公開」(2020-08-17閲覧)

Netflixでリメイク版が配信開始

2020年10月21日にNetflixでリメイク版が配信開始されました。

興味がある方はこちらからどうぞ。⇒Netflix:『レベッカ』

スポンサーリンク

ダンヴァース夫人の存在感

見事なサスペンス・スリラーでした。

亡くなっているはずの前妻であるレベッカが後妻の「わたし」を追い詰めていくスリラーです。

使用人の長であるダンヴァース夫人のレベッカの亡霊に憑りつかれているかのような不気味さがこの映画を際立たせていますね。

いつの間にか後ろに立っているダンヴァース夫人の恐怖感の演出は見事で、
ヒッチコックの上手さが分かります。

「わたし」が屋敷の勝手が分からず少しずつ自分のやることを見つけようとするにつれて、
レベッカの影が「わたし」をじわじわと侵食していく様がまさにサスペンス・スリラーだと思います。

ストーリー展開は全然複雑ではなく逆にシンプルと言えると思いますが、
見せ方が上手く心地よい恐怖感がありました。

スポンサーリンク

名前がないことがサスペンス度を増している

「わたし」に名前がないことでより一層ダンヴァース夫人とレベッカの存在感が際立ち、
そのおかげで「わたし」が弱者で相手が強者という構図が見ている側にも分かりやすく
そこのハラハラ感がサスペンス度を強めているのではないでしょうか。

それにそれぞれを演じる役者の配役も上手かったと思います。

「わたし」のジョーン・フォンテインの美しさとダンヴァース夫人のジュディス・アンダーソンの不気味さとの対比で、
上手く「わたし」に感情移入出来るようになっていました。

それで「わたし」と一緒にストーリーを追っていくことが出来るようになっていて、
まるでリアルタイムでサスペンスを見ているようなそんな錯覚に陥ることがさらにサスペンス感を増しているのだと思います。

飛びぬけて名作というわけではありませんが、
サスペンスやスリラーの基本と言ってもいい映画だと思います。

押さえておくべき映画ですね。

スポンサーリンク

まとめ

富豪と結婚した「わたし」が屋敷内に漂っている前妻のレベッカの影に怯えながらも真実を追い求めるサスペンス・スリラーです。

レベッカを崇拝している使用人のダンヴァース夫人との駆け引きも見所です。

ヒッチコックがアメリカで製作した一作目であることにも注目です。

サスペンス・スリラーの基本と言える作品なので、
興味がある方は是非ご覧になって下さいね。

オカ メイコ
オカ メイコ

ダンヴァース夫人はイメージぴったりヨ

スポンサーリンク

動画配信サービス(VOD)で見るならこちら

動画配信サービス(VOD)

本作品の配信情報は2021年5月23日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各動画配信サービス(VOD)のホームページもしくはアプリをご確認ください。

動画配信サービス(VOD)で『レベッカ』をご覧になりたい方はこちらから選んで下さい。

無料トライアルを利用してお得に映画を楽しみましょう!

婚活はオンラインの時代!
naco-do
初期費用無料!共通の趣味を持つ人の婚活サイト!
ヲタ婚

Blu-ray・DVDで見るならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました