ブログのテーマをcocoonに変えたので現在各記事を手直し中です。
レイアウトやデザインが崩れて見づらい部分があるかと思いますがご了承願います。

映画『悪の花園』あらすじと感想/「悪の花園」を目指して旅する女1人と男4人

スポンサーリンク
『悪の花園』アイキャッチ 西部劇
スポンサーリンク
ナマケネコ
ナマケネコ

タイトルからは想像出来ないけど西部劇だよ。

皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。

今回は映画『悪の花園』(1954年)をご紹介します。

スーザン・ヘイワード演じるリアが、彼女の夫を助けるために4人の男たちと共に鉱山に向かう西部劇です。

この記事を読んで興味が湧いたら是非ご覧になって下さい。

ネタバレはしていませんから安心して最後まで読んで下さいね。

スポンサーリンク

悪の花園

作品情報
  • ジャンル:西部劇
  • 監督:ヘンリー・ハサウェイ
  • 脚本:フランク・フェントン
  • 出演:ゲイリー・クーパー / スーザン・ヘイワード / リチャード・ウィドマーク / ヒュー・マーロウ / キャメロン・ミッチェル
  • 上映時間:101分
  • 公開年:1954年

あらすじ

Garden of Evil Trailer English HD / Gary Cooper
カリフォルニアを目指していた、フッカー、フィスク、デイリーの3人は乗っていた船の故障のためにメキシコのとある町に着く。そこの酒場で出会ったリアという女性に落盤事故で金鉱内に閉じ込められた夫を助けるために力を貸して欲しいと頼まれる。2,000ドルの謝礼につられた男たちはメキシコ人のヴィセンテを加え、リアと共に落盤事故が起きた鉱山へ向かう。危険な道のりを経てたどり着いた鉱山で男たちを待ち受けていたのはアパッチ族の襲撃であった。

テーマが分からない映画

何と言うかピントがぼけたような作品だと思います。

西部劇としては単純なストーリーなのでそれなりに楽しめるのですが、アクセントが何もないと言いますか最後まで盛り上がりがあまりないなと感じました。

冒険活劇と言えるほど冒険していませんし、恋愛要素もあるにはあるのですがメインテーマに出来るほどの濃さは無く、強いて言えば男たちの友情と言いますか生き様を描いたヒューマンドラマと言えるのかなと思います。

思わせぶりな要素は必要だったのか

気になったのがあの散りばめられた伏線のようなものは何だったのかというところです。

伏線かと思わせるセリフや行動が多くあるのですが、全くストーリーに生かされておらず肩透かしを食わされたような感覚が鑑賞後に漂います。

サスペンス要素を散りばめながらも回収されずに終わるので、見る人によってはつまらないと思われるのではないでしょうか。

ただ風景描写は素晴らしく、大自然を感じられるロケーションは迫力がありますね。

ラスト付近のセリフもいくつか心に残るものがあり、映画全体として見れば少々物足りないものの、特定のポイントでは及第点を超えているといえる作品ではないでしょうか。

セリフや展開を疑わずに素直に見ることをオススメする映画です。

まとめ

4人の男と1人の女が「悪の花園」と呼ばれる地域を目指して冒険する西部劇です。

ゲイリー・クーパーとリチャード・ウィドマークがカッコイイ映画です。

オカ メイコ
オカ メイコ

なんかもったいない映画だワ!

動画配信サービス(VOD)で見るならこちら

動画配信サービス(VOD)
2020年11月現在では配信している動画配信サービス(VOD)は無いようですので、DVDやBlu-rayを購入するかレンタルで楽しんで下さい。 配信情報を見つけ次第更新する予定ですが、もし配信しているサイトをご存知の方がいらっしゃいましたら是非コメントで教えて下さいね。

DVDで見るならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました