映画ドラえもんの過去作品を配信しているVODをまとめました

この記事が良かったらシェアして下さい!

皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。

今回は映画ドラえもんの過去作品を配信している動画配信サービス(VOD)をご紹介します。

2019年3月1日に第39作目となる『ドラえもん のび太の月面探査記』が公開されるので懐かしくなって調べちゃいました。

ドラえもんの映画は全部見ていますけど折に触れて見返したくなるんですよね。

ドラえもんの映画はいつ見ても面白いのですがなぜなのでしょう。

5人の友情が羨ましい

子供の時から見てきたというのもあるのでしょうが、大人になって見てみるとまた違った見方が出来るからなのかな。

子供の時は未来の道具や冒険にわくわくしていただけなんですが、大人になった今は憧れといいますか羨ましさが一番強いです。

ドラえもんがいるのび太が羨ましい……のではなくて、あの5人の関係性がいいんですよね。

みんないい子でお互いを思いやる友情。

放課後みんなで遊んだり喧嘩したりなんてもう出来ませんからね。

映画のように夏休みに秘境や宇宙、過去、未来に友達と冒険しに行くなんてもってのほかです。

基本的に映画では困難を乗り越えるためにみんなで力を合わせます。

決して裏切られることのない友情で解決していくのが素晴らしくて、心の底から素敵だなと思います。

日常から非日常へ

特に映画の何が素晴らしいかって日常から非日常にスライドしていくのが抜群に上手いんですよね。

いつも通りの日常に少し不思議が加わっていつの間にか非日常へ。

原作者の藤子・F・不二雄さんは大長編は苦手と仰っていましたけど、物語に入り込ませるストーリーテリングは秀逸だと思います。

本当にいつ見ても面白い映画ドラえもん。

見た事がない方はもちろん、見た事がある方ももう一度見てノスタルジーを感じてみませんか?

長くなりましたが映画ドラえもんが見られる動画配信サービス(VOD)をご紹介します。

映画ドラえもんが見られる動画配信サービス(VOD)はここ!

2019年3月1日に第39作『ドラえもん のび太の月面探査記』が公開されますから、現在は第38作『ドラえもん のび太の宝島』まで出ています。

調べたところ、第1作『ドラえもん のび太の恐竜』から第37作『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』までがビデオパスで見放題になっているようです。

ドラえもんが見られるところは限られているのですね。

ですが動画配信サービス(VOD)は入れ替わりが激しいので、取り扱っているところが増え次第更新していきますね。

ビデオパスの特徴

簡単にですがビデオパスの特徴を説明します。

  • 初回30日間無料
  • 月額562円(税抜)
  • 毎月540円分のポイントが貰える
  • ダウンロード可能なのでオフラインで視聴出来る
  • 映画館での割引がある(TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ)

初回30日間無料なのがいいですね。

月額も安いしほぼ同等のポイントが貰えますから、新作1本分の料金に見放題がついていると考えることも出来ます。

あとは映画館での割引が結構大きいです。

TOHOシネマズだと毎週月曜日大人料金1,100円になりますし、ユナイテッド・シネマはいつでも大人料金1,400円になります。

どちらも大人料金は1,800円が基本ですから、TOHOシネマズだと700円、ユナイテッド・シネマだと400円お得になるんですね。

TOHOシネマズなら1回で元が取れる以上の割引になります。

もちろん学生さんや生徒さんならもっと安い料金で利用出来ますよ。

映画館に行く方なら利用すればするほどお得ですね。

初回30日間無料ですから興味がある方は下のボタンから詳細を確認してみて下さい。

まとめ

ドラえもんが見られるところはあまり多くないのですね。

今後見られるところが増えるか減るか分かりませんから、少しでも見たいなと思ったなら早めに利用しちゃうのがオススメですよ。

初回30日間無料中に是非映画ドラえもんを見ちゃってくださいね。

この記事が良かったらシェアして下さい!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。